シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マザコンは親の育て方で”作ら”れる?上手な男の子の子育てとは

絵を描く男の子

 

テレビでたまに話題となるマザーコンプレックス。極度の母離れができていない男性がいることは事実ですよね。また、その男性と母親との関係の異常さに、自分たちで気づいていないということも問題の深さが分かります。

 

このマザコンですが、幼少期の母の子育てに原因があるという研究結果があるそうです。ですから、マザコンを作りだすのも母親次第。そんな子供依存症にならないためにも、やってはいけない子育てについて書いていきますね。

 

マザコンの子供になってしまう主な原因

父親と男の子

 

三つ子の魂100まで とはよくいったものですが、幼少期の子育てに問題があると、マザコンになってしまうんだとか。一番の原因は父親の存在です。

 

最近ではイクメンという言葉がはやっていますが、まだまだそれとはかけ離れた存在であるお父さんって沢山いますよね。仕事仕事で家庭を顧みないで、朝早くから仕事に行き、そして夜遅くに帰ってくるという方たち。

 

こういった男性の奥さんは、当然のことながらほったらかしにされますから、その分欲求不満がたまって、子育てに対して情熱を注ぐようになります。そして男の子に対して何から何まで世話を焼いたり、いろんな相談に乗ったり、やることを制限して指図したり、危険を先回りしすぎたりと至れり尽くせり状態に…。

 

このことで、子供は母親にべったりになってしまって、依存してしまうのだとか。子供のためにってことは理解できますけど、あまりやりすぎたらマザコンの子供になってしまうのかもしれません。

 

何がいけないの?

分らない母親

 

子供がマザコンって何がいけないのかわからない、子供が親のことを好きっていいことなんじゃないの?

確かに自分のいう事を聞いてくれて、お互いがお互いに依存している状態って、母親と息子さんの関係性としたらすごく良いものに見えることでしょう。ですが、マザコンの男性は優柔不断となり感情のコントロールが上手にできないお子さんが多くなるんです。

 

これが何を意味するかってことなんですけど、社会でのコミュニティが上手く形成できないとか、人付き合いがうまくできないといったような弊害を生んでしまうのです。

 

ずーーとお母さんと二人だけで過ごしていくのであれば問題ないと思いますけど、本当にお子様のことを考えればそれが幸せなのか私には疑問が残ります。

 

別の危険性も…

指を指す旦那

 

このサイトでは旦那の浮気について取り上げているサイトなんですけど、実はこのマザコンのお子さんが育ってしまうと、旦那さんの浮気につながってしまうという危険もあるんです。

 

男性って基本的に子供であってもライバルと考えます。自分の奥さんが息子にかかりっきりになり、男性として相手にしてくれないとなった時に、男性は疎外感を感じて”外”に癒しを求めてしまうという話は、本当に腐るほどあるんです。

 

子供子供子供ってなってしまったら、帰りが遅い旦那様を迎えることもなくなるでしょうし、お子さんが生活のメインとなってしまうでしょう。そうなれば、旦那さんとしては面白くないでしょうし、家庭の中に居場所すらもなくなりますよね。帰って来ても妻子が仲良くしているのを見るのは微笑ましいことなんでしょうが、旦那さん的には好ましく思わないかもしれませんね。

 

まとめ

『彼女とのデートについてきて?」って言われたらどうしますか??ちょっと私は引きます(笑)親も親なら子も子って揶揄されることは目に見えている結果です。子供のためにでやっていることが、自立できないお子さんを育てていることになるとしたら、本当に悲しい出来事になるのかもしれません。

 

そんな男性と結婚したいと思うような女性はなかなか見つからないでしょうし、お母さんが亡くなった後には、悲惨な未来が待ってそうですから、マザコンを作り出すことは不幸なことになるのではないでしょうか?

 

本当にお子さんの事、家族のことを考えるのであれば、過度な干渉は止めた方が良いでしょう。幸いなことに、女の子の場合はそこまで依存的なものにはならないようです。


 

旦那の浮気調査研究所 トップに戻る

◆旦那の浮気調査研究所オススメ探偵

東京探偵社ALG

探偵社ts

Hal探偵社口コミ

◆オススメ!調査会社探しのお手伝いサービス

探偵さがしのタントくん 口コミ紹介

街角探偵相談所 口コミ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)