シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵の無料相談はどこまでが無料?探偵依頼を考えている方へ

無料画像花

相談は無料 とか 一度問い合わせをしてみませんか? とか 探偵さんのホームページに行くと様々なことが書いてあります。無料って書いてあるけど無理やり契約させられたり、契約するまで帰ることが出来なかったりするんじゃないの?って不安に思っている方はたくさんいるのではないでしょうか?

そこでこのページではそういった不安を抱えている方に、どこまで無料相談できるのか?うまく探偵を使うために必要な事などを紹介していきます。もちろん無理やり探偵さんに契約させられた場合に相談するべきところも紹介していきます。

浮気調査などで探偵への依頼を考えているのなら参考になるはずです。

 

なぜ相談は無料を謳っているのか?

探偵社のホームページには確実に書いてある『相談は無料』という言葉。なぜどこにでも書いてあるかってことなんですが、これは探偵業法で”契約書”を交わさなければ調査に着手できないってことになっているからなんです。

口約束とか電話だけで契約が成立してしまうのでしたら、高額の金額を請求されたり、調査をしていないのに調査したふりしてお金を請求されたりするようなトラブルが起こってしまう危険がありますよね。

探偵業法は、まぁ言えば私たち消費者を守るためにできた法律といってもいいでしょう。だから探偵社は無料で相談という形しか取れないと言えます。

先ずは無料で相談を受けた後で、見積もり提示、それを納得できれば契約、そして調査という流れになります。だからどんなホームページでも『先ずは無料相談』と書かれているのです。

探偵業法について

平成18年6月に探偵業法が制定され、平成19年6月に施行されました。これは消費者と探偵社とのトラブルが多発したために、消費者を守る意味でできた法律になります。

探偵社と依頼者は書面による契約がなされないと捜査に着手できないってことになっています。書面にて契約を交わすことが義務とされていますので、それを破ることは違反となり、最悪は業務停止に追い込まれるものになります。

ココで書いている記事は抜粋ですから、詳しい内容は

コチラに書かれています。

 

契約するまでは料金発生はない

探偵業法によって勝手に調査をするってことができないことは上記しましたよね。ですから何度相談したとしても契約を交わさなければ費用が発生することはありません。

だからと言って無駄に相談しても問題は解決しないでしょうから、何らかのアクションを求められることは仕方がないと思います。向こうは商売なのでカウンセリング窓口ではないのですから…。

悪質探偵社などは、契約するまで帰さないとかまでやってしまう探偵社も存在しています。あやしいなぁと思えば、契約しなければ何も起こらないということですから、ある意味安心できるのではないでしょうか?

 

無料相談はどこまでできる?

探偵社によって変わってくるのですが、無料相談の場合では探偵の調査を絡めた解決策を提示されます。勿論向こうも商売ですから、契約してほしいってことは当たり前の話ですよね。

具体的には、あなたの話を詳しく聞いて、それが浮気であるのかそうでないのかという判断ぐらいはしてくれるはずです。費用がかけられないのでしたら、費用があまりかからないような調査を提案してくれるとか、浮気する日をあなた自身で特定してもらって、その日に合わせてピンポイント調査をするように提案してくれるとかそういった話はしてもらえます。

ですが、やはり調査をすることがメインの話になることは間違いない話です。無料相談はいくらでもできますが、それをしたとしても浮気問題は解決することは無いでしょうから、無駄になるのかもしれません。契約をしなさそうなお客様は探偵社にとっても迷惑な存在かもしれませんから(笑)

 

相談の流れ

無料で相談できるってことになっていますが、これはあくまで見積もりを作成するための話を聞く機会だと考えていいでしょう。相談の流れとしては

  1. ファーストコンタクト(こちらから連絡する)
  2. アポイントメント(会う約束)
  3. 詳しい内容の照会(詳しい状況説明)
  4. 見積もり書や契約書の提示(浮気状況を見ての見積書の提示)
  5. 合意または拒否

という形になります。

契約書を交わしていないので、ココまでは当然無料となります。契約をここで交わしてしまった場合は、料金が発生していきます。

調査依頼をした後のキャンセルについて

契約書を交わした後に気持ちが変わったという場合とか、何らかのトラブルで調査が必要亡くなった場合はキャンセルという形になります。これは旅行と同じような感じで、調査開始日からどれぐらい前にキャンセルをするのかでキャンセル料が変わってくるのが一般的なようです。

なぜキャンセル料が発生するのかですが、探偵さんも調査を成功させるために綿密な下準備、人員調整、機材調整、現場の下見、調査の戦略を立てる、などでかなりの時間を使うからのようです。

これは契約した際に確実に説明されます。説明されることは義務となっていますから、説明がない場合はその場で断りましょう。

 

無理やり契約させられた場合の対処法

探偵に無料相談しに行ったときに、無理やりに契約させられてしまった…。あとで考え直したら必要ないかもしれないって思いなおした場合はどうすればいいのかってことなんですが、その場合は速やかにキャンセルを探偵社に伝えてください。普通の探偵社であれば素直に応じてくれるのですが、中には、『担当者がいない』とか『一度契約したのでキャンセルは受け付けられない』というようなことでごねてくる探偵社もいるかもしれません。

このようになった場合は管轄の警察に訴えてみてください。

探偵は警察に管理監督されている職業でもあります。警察署はそういった悪質探偵の対処をしてくれるものです。

警察署に行き、探偵とトラブルになっていると言えば、必ず対処してくれます。大事にはしたくないプライベートなものだと言っても、無駄なお金を支払う必要は全くないですから…。

ただし、契約の際にしっかり説明を受けていた、法外ではないきちんとしたキャンセル料の提示だった場合は、あなたに落ち度があるわけですから、支払わないといけなくなるでしょう。

きちんと必要なのかそうでないのかを見極めてから契約書にサインするようにしてくださいね。

 

同サイトオススメ記事

探偵の浮気調査についての記事一覧

探偵の浮気調査に関する様々な記事をまとめている記事になります。

 

安心大手の探偵社の紹介

優良の探偵社を紹介しているページになります。

まとめ

どんな探偵社のホームページでも『相談は無料』って書いてあるからくりが分かっていただけたでしょうか?消費者を守るために作られている探偵業法はアナタの味方になります。

無料の相談をしたとしても解決は難しいので、本当に必要になった時に探偵社に依頼するようにしてくださいね。依頼する場合は2社ぐらいの比較は必須です。様々な観点から総合的に比較して探偵社を選んでください。

探偵社とトラブルになった時は迷わず警察へ訴えかけてください。泣き寝入りは被害者を増やすだけになりますから…。

 


 

旦那の浮気調査研究所 トップに戻る

◆旦那の浮気調査研究所オススメ探偵

東京探偵社ALG

探偵社ts

Hal探偵社口コミ

◆オススメ!調査会社探しのお手伝いサービス

探偵さがしのタントくん 口コミ紹介

街角探偵相談所 口コミ


 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)