*

婚約破棄したら慰謝料請求される?

慰謝料

 

婚約者の身辺調査を行って、何かしら重大な問題があった場合、婚約破棄をしてしまうということも十分に考えられますよね。婚約を一方的に解除してしまうわけですから、何かしらの損害が発生した場合は補てんするという考えが一般的。それとプラスして考えなければいけないのが、精神的なダメージによる慰謝料ということになります。

 

『婚約破棄による慰謝料の請求』とひとくくりにしていますが、”実質的な損害賠償”(式場キャンセル料、指輪、結納、社会的な信用、新居、家財道具、新婚旅行予約キャンセルなど)と、”精神的な慰謝料”の二つがあると考えてください。

 

婚約はプロポーズの言葉を了承した瞬間から婚約と認定されます。口約束でもそれを行った証拠(メール、録音、第3者に二人で話す、など)があるのであれば十分認められるのです。

 

実際に婚約相手の身辺調査をした場合に慰謝料請求を受けてしまった場合はどうなってしまうのか?ってことをこれから書いていきますね。

 

婚約破棄による慰謝料請求について

手を出す婚約カップル

いくら位の請求になる?

損害賠償

請求額というものは、実際に負ってしまった損害額と精神的な慰謝料をプラスして考えられます。ですから一概にいくら とは言えないものなんですけど、結婚式場のキャンセル料とか指輪代金とか結納などをすましているのであれば、その分の費用を支払う義務があります。

 

ですが、巷でまことしやかに言われている、結納の3倍返しなどの風習(?)は現在ではありえません。実質支払った分の額が妥当となります。式場のキャンセル料、新居などの賃料などは二人で割ったもので換算されます。こういったものはすべてご自分で計算してみてください。

慰謝料

精神的なダメージによる慰謝料の請求額ですが、正直相手が請求したい額を請求できます。たとえ10億円でも”請求は可能”です。ただし、そういったとんでもない額を裁判所が認めるか認めないかという観点で言えば、認められないので安心してください。

 

一般的な額ですが、10万円~50万円となります。これはちょっと金額の差が大きいと思うでしょうけど、付き合った期間とかどういった理由で婚約破棄になってしまったのか?といった個別の事情が関係してきますのでこのような差になってしまっています。

 

婚約者の身辺調査を行って、婚約相手が結婚できない何かしらの事情を抱えていると判明したということから見れば、正当な理由(経歴詐称、職種偽装、不貞行為、性的無能、借金 など)があったのでしょうから、逆に訴える立場に立てるわけです。

 

正当な理由にもよりますが、家庭裁判所での調停を起こせば、あなたの方が有利になること間違いなしです。不当な理由(親の顔が気に入らないとか 性格の不一致 笑)であっても、”請求されて数十万円”程度でしょう。無理やり結婚してしまって後から離婚となるよりは、全然大したことが無いものです。

 

 

 

第三者から見て不当な理由(勤めている会社がブラック企業、相手のご両親の介護、相手方と同居希望 など)が原因である場合は、その分慰謝料は高くなります。いろいろな情報を調べたところ、30万円~200万円ぐらいになってしまっています。

 

こういった場合は、かなり条件にもよって変わってくるので正確に言えませんが、200万円請求されて支払ったなんてことはほとんどなく、相場的に見れば”それでも”数十万円ぐらいが相場のようです(調停や裁判まで行く場合は妥当な金額になりますが、請求自体はいくらでも構わないために、脅しに応じてしまって支払うケースは除きます)。

婚約破棄の正当な事由

  • 婚約相手に不貞な行為があった場合
  • 婚約相手から虐待、重大な侮辱をうけた場合
  • 挙式や婚姻届の提出や、結婚式の日時・方法、新婚旅行の計画などを合理的な理由もなく延期や変更された場合
  • 社会常識を相当程度に逸脱した言動
  • 相手が精神病(強度のヒステリーなど)になってしまった、交通事故や災害などにより身体障害者になってしまった場合
  • 相手が性的不能者となった場合
  • 相手が失業、倒産などにより収入が極度に低下した場合
  • 相手が異常なほど性格が冷たい、金銭に極度に細かすぎる場合
  • 相手に悪質な前科などがある、異性との深い関係が清算されていないことが判明し、将来の婚姻生活が不安になってきた場合

引用元:http://www.office-kudo.com/konyaku/seitoujiyu.html

 

 

 慰謝料請求を起こす人の割合は?

割合のグラフ

正当な理由に該当した場合

割合的にはほとんどありません。100件中1~2件ぐらいではないでしょうか?まぁ中には勘違いされている人も一定数いますから、そんな理由であれ慰謝料請求するオカシナ人もいます。認められている権利の中で破棄に至ったのですから、どちらが有効な訴えになるのかは一目瞭然。もし訴えるとなったとしても、弁護士さんも受けてくれない事案になるでしょう。

 

正当な事由に該当しない場合

婚約者の言動を信じられないとか、マタニティブルーとか自分の都合による婚約破棄の場合は訴えられる可能性が上がります。ですが、訴えた場合でも金銭にして数十万円ぐらいが相場です。しかもゴネゴネになってしまうと最終的には裁判に、期間も半年ぐらいかかってしまいますから、親族や友人から”そこまで”しなくていいんじゃない?というような抑制が働きます。

 

私が独自にyahoo知恵袋や、教えてgooなどのポータルサイトで集計したのですが、『婚約破棄の慰謝料請求をしようか迷っている』といった”質問と回答”の中で”実際に正当な事由に該当しない場合”で統計を取ったところ、約2割弱(163件中32件)が慰謝料請求をした、またはしようと考えているとなりました。

 

慰謝料請求する理由については

  • 精神的苦痛を与えられたことを知らしめたい
  • 裏切られたショックから復讐の意味で…
  • コチラの主張が正当だと主張するために
  • 親族にそそのかされた

などがありました。

 

正当な事由でない場合でも、慰謝料請求を起こすことはあまりないようです。ほとんどの場合は”それをしたところでプラスにはなりえない”という理由によって、損害賠償のみをするということが多い回答でした。未来志向ともいうべきなのかなぁ。

 

この統計は私が独自に出したものです。ネットに質問するということをした時点で、慰謝料請求を迷っている人が行っていることを考えると割合的には多いのかもしれません。婚約破棄した全体の統計データではありませんのであしからず。

 

婚約破棄は正当な理由がないとできないの?

月と顔

 

結論を先に言うと、正当な理由が無くても強制的に結婚させることは出来ませんので、どんな理由であれ婚約破棄をすることは出来ます。この記事でお話ししているのは、慰謝料請求の十分な理由になるのかどうかってことを紹介しています。ですから勘違いしないでくださいね。

 

婚約者に対して

  • 愛情を感じなくなった…
  • 冷めてしまった…
  • 元の恋人とよりが戻った…
  • 様子がおかしい
  • 頼りない
  • そっけない
  • キレる
  • つまらない
  • 生理的に無理(イライラ)
  • 好きになれない

といったようなことでも十分婚約破棄理由になります。

一生を左右するほどの大事な局面を迎えているわけですから慎重になるということは当たり前の事。多様化した社会ですから、結婚後に何があるのかわかりません。慎重に慎重を重ねておくことも必要な事ではないでしょうか?

 

将来起こりうるであろうこと、嘘をつかれていないのか?、婚約相手の過去を知る、などのチェックは結婚前に行っておいてくださいね。

 

婚約者の身辺調査でお勧め調査会社紹介

婚約時に不安を感じている場合は、後々尾を引く場合が多いことも事実。不安な部分は一つでも解消して自信をもって将来に歩んでいってもらいたいと思います。

 

 

 

まとめ

終わってしまった恋に対して、どうあがいてもどうにもならないということは誰もが経験しているものですよね?慰謝料請求をすることで、元恋人から慰謝料を取った”人間”であるという事実は、これはたぶんこれから一生ついていってしまう汚名の一つ。未練がましいとか、女々しいなんてレッテルが張られてしまうことでしょう。

 

そんな汚名を被ってまで、なかなか慰謝料請求をする方は少ないようです。

 

ある統計調査によると、結婚式をキャンセルした率は何と2000組中200組(一割)で、その中で最もい多い理由が破談や破局によるものというデータもあります。婚約というものの定義が、お試し期間であると考える若者が増えてきているからなのかもしれませんが、ものすごい数字だと思いませんか?

引用元:http://www.nikkei.co.jp/topic4/kakumei/eimi125818.html#TOP

 

情報化社会になってしまっている今、自分で選択する自由を与えられた結果がこれを物語っているのかもしれません。

 

婚約相手の身辺調査なら結婚前リサーチ

オススメの調査会社ならコチラ!ばれてしまってはいけない婚約者の身辺調査ですから”能力の高いことを重視する必要があります。

加えてもちろん信頼性も高い会社からランキングしていますのでご参考に!

婚約指輪を見つめる女性

 

⇒安心をあなたに届けるお手伝い!お勧め調査会社の紹介

 

関連記事

頭を抱える男性

できちゃった結婚 での婚約破棄|自分の子供か不安な方へ

  本当に自分の子供なのか?付き合っていた彼女が妊娠したからということで、で

記事を読む

欺くカップルウェディング

結婚詐欺の手口と見破る方法

  自分のパートナーの愛が本当の物なのか、もしくは偽装で詐欺なのかってことは

記事を読む

泣く女性

結婚前の調査をしないリスク11(女性編)

  婚約者の身辺調査をしなかった場合どういったリスクがあるのかってことを知っ

記事を読む

悩む男性

既婚者を見破る方法

  婚約者が結婚していたという悲劇は、そんなに珍しい話ではありません。出会い

記事を読む

マザコン婚約者の母親

マザコンでの婚約破棄が多いことについて

  二人で結婚を決めたはずなのに、いつの間にか彼氏さんのお母さんが取り仕切っ

記事を読む

父と娘

娘の結婚に反対|婚約者と別れさせる方法

先ず考えてほしいのですが、ただ単に娘さんの婚約者が嫌いとか胡散臭いとかいった理由で結婚を

記事を読む

小学生のカップル

浮気性の男性は治るのか?

  浮気性だった彼も私と出会って変わってくれた ←これ理想ですよね。しかもこ

記事を読む

お面(二面性)

浮気性の女性は治るのか?

  あまり女性で浮気性って人がいないんじゃないの?って”妄想”をしている男性

記事を読む

ウェディングバージンロード

婚約者と別れたいと思っている人へ綺麗な別れ方の提案

  このまま結婚してしまっていいのかなぁ?ほかにもっと良い人がいるのでは?な

記事を読む

スロット

婚約者がギャンブル…このまま結婚していいのか迷っている方へ

お金は天下の回りものといわれているが、ギャンブルで回ってくることはほとんどありません。ギャン

記事を読む

hal
結婚調査をhal探偵社で行う3つのメリットと他社との比較

ネットの世界の発達や婚活ビジネスの横行により、様々な形での

スロット
婚約者がギャンブル…このまま結婚していいのか迷っている方へ

お金は天下の回りものといわれているが、ギャンブルで回ってくるこ

うつむいた婚約者
婚約者に浮気されたアナタがとるべき対応と一つの提案

なんでこんな時に…結婚を控えているのに婚約者から浮気をされてし

小学生の息子
息子の結婚に反対|不満を持っている親御様ができるたった一つの事

  もっと良い人がいるんではないだろうか?

父と娘
娘の結婚に反対|婚約者と別れさせる方法

先ず考えてほしいのですが、ただ単に娘さんの婚約者が嫌いとか

→もっと見る

  • 旦那の浮気 調査研究所
PAGE TOP ↑