誰も褒めてくれないよあなたの我慢『旦那の浮気調査研究所

浮気と本気の違いって何なのか知っているでしょうか?

あなたの応援が励みになります<(_ _)>
このエントリーをはてなブックマークに追加  

 



本気、浮気、バラ

 

どんな男性でもタイミングと環境が一致すれば浮気のきっかけになってしまうことは、何度もこのサイトでお伝えしてきました。

 

 

浮気や不倫が本気になっていまったら、奥さんとの関係は終わり(離婚)を迎えるということになります。

 

 

どんな経緯があるにせよ、縁があって結婚したのですからこういった結末になってしまうのは
夫婦にとっては不本意な結果になってしまったということになるでしょう。

 

 

ではなぜ浮気から本気の気持ちになってしまうのでしょうか?

  • 浮気相手が魅力的だから?
  • 奥さんとの関係が破たんしてしまっているから?
  • 愛想をつかしてしまったから?

 

 

いろいろ考えられるのですが、私は奥さんが夫の浮気対策を誤ってしまったからなんじゃないかなぁって思います。

 

 

その理由をこれから順を追って紹介していきます。

 

 

 

 

浮気解決へのヒント

奥様自分自身で浮気調査する方法まとめ

 

初めから浮気相手に本気になる人はいない

生まれたばかりの赤ちゃん

 

 

人には様々な生活背景があり、浮気をしてしまった理由については

 

 

10000組の浮気カップルがいるとすれば、10000万通りの浮気理由があると思っています。

 

 

そもそも浮気をするということは、様々なリスクを抱えることになりますよね!

 

 

法的な責任だったり、家族の信頼を失ってしまうリスクだったり、お金の面でも負担が大きくなるはずなので、リスクと考えればそうですよね!

 

 

『奥さんと離婚したいから浮気を始める』

 

 

なんて方はほとんどいないのではないでしょうか?だってフリーな状態で離婚を迫れば、離婚話は、スムーズに、対等に、進んでいくでしょうし

 

 

わざわざ浮気相手を作ってリスクを増やすよりも、簡単に交渉ができるのですから、当たり前ですよね!

 

 

法律で決まっていることとして、『有責任者からの離婚請求は認められない』というものもあります。

 

 

これは簡単に説明すると、浮気して離婚原因を作った方からの離婚請求はできないって事!

 

 

もちろん奥さんが素直に離婚を認めれば離婚は出来ますが、モメてしまったとき、協議・裁判離婚となった場合の話です。

 

 

そんなリスクを知らなくても、わざわざ離婚するために浮気相手を作ると考える男性はいないんじゃないかなぁって思うのです。

 

 

ですから浮気し始めの段階では、言葉のとうりの”浮気”(浮ついた気持ち)だった可能性が高いんじゃないかなぁって考えることができるでしょ。

 

 

本気になるタイミング

キスをするカップル

 

 

初めのうちは、自尊心を満たすため、誘惑に負けた、家庭内での不満のはけ口

 

 

まぁ様々な理由で浮気が始まったんだと思いますが、浮気は100%する方が悪いので、1ミリも肯定は出来ません。

 

 

そのことを先ず伝えたいと思ったのですが、さすがに浮気が本気になってきたときに
何にも夫の異変に気づかなかったということでは、それは奥さんの方も悪いのではないでしょうか?

 

 

本気になれば当然口数も減ってくるでしょうし、おかしな残業や出張、朝帰り
浮気相手からの連絡、メールなどなどがあったはずです。

 

 

まぁ本気になってからバタバタしても、ちょっともう手遅れ感がありますけど…。対策しないよりはましなのかもしれません。

 

 

ちょっと脱線しましたがこれから本題へ…(笑)

 

 

ではどんな時に浮気が本気になっていってしまうのか?ってことなんですが

 

 

奥さんの存在よりも浮気相手の方が優ってしまった時と言えます。
簡単に言えばこういったことです。

 

 

浮気関係が長引けば長引くほどお互いに離れられない関係になり
親密さを増していって奥さんよりも愛情が…

 

 

浮気を奥さんから疑われていて、毎日のように冷たい態度が続く
浮気相手の元に行けば、妻よりも自分を理解してくれているような気分になる

 

 

何にも構ってくれない嫁よりも、自分を必要としてくれる浮気相手の存在が
より大きくなってくる。

 

 

上記したような例がどんどん続くことによって、妻という存在が小さくなっていき
いつの間にか浮気相手の方が本命に変わっていってしまうというものなんじゃないかなぁって思います。

 

 

ですから常に夫へのアンテナを立て、対応を間違えないことが
本気にさせないためには必要な事なんじゃないでしょうか?

 

 

やってはいけない夫への対応

悟られた大仏様

 

よく『旦那はすでに空気のような存在』という奥様いますよね!

 

 

意識しなくてもそばにあるものだし、注意しなくても大丈夫なんていうような意味も
含まれているのではないかなぁって思うのですが

 

 

『亭主元気で留守がいい』というものも同じような意味の言葉です。

 

 

これって本当は危険な言葉なんじゃないかなぁ?
だって、意識しなくてもそばにいてくれるって盲信している状態

 

 

これでは旦那に目を向けていないので小さな変化にも気づかないだろうし
何を考えているのか察しようとしないので”ノーマーク”ということになるはずです。

 

 

だれが、いつ、どこで、出会い、恋愛に発展するかもしれない時代に
そういったノーマークは絶対にやってはいけないことじゃないでしょうか?

 

 

長年一緒に暮らしている夫婦でも、突然何の脈略もなしに
『離婚してくれ』って言われてしまうことが実際にたくさん起こっています。

 

 

最低限夫に対して気を配るようなことはしてくださいね!
見て見ぬ振りも絶対にやってはいけません。

 

 

他にも、奥さんが旦那の浮気を疑っている、もしくはほぼほぼクロだと感じている場合

 

 

浮気をさせたくないばかりに、夫へ冷たい態度を取り続ける、家に帰れば攻め続ける
カンシャクをおこして罵倒し続ける、お金をあげない、などの対抗措置を取っている方は

 

 

今すぐに止めてください。

 

 

障害が多ければおいほど浮気相手への気持ちは強くなり
奥様の方を”自分を責める敵”と認識して奥様への気持ちが薄れていく可能性が高いです。

 

 

本気にならせないためには、居心地の良い家庭であり続けることが最大の予防策でしょう。

 

本気になった夫の反応5つ

遅きに失した…これはある政治家さんの言葉です。様々な浮気への対策を取ったにもかかわらず対策が後手に回ったり、悪い方向へ向かってしまったりして、浮気が最悪化する。

 

最悪化とは、やはり浮気から本気に代わってしまうということになります。
では浮気ではなく本気になってしまった場合はどういった反応を示すのかってことを紹介したいと思います。

 

開き直り

女がいるってことを隠さなくなることが多いようです。これだけ情報社会になったにもかかわらず、不貞行為に対する罰則の重さを知らずか知ってかわかりませんが、気持ちが相手女性に移ってしまっているので堂々と女に会いに行くようになります。

 

人格否定・責任転嫁

簡単に言えばモラハラになります。

 

『俺は”昔から”お前の○○が気に入らなかった。』
『○○することがお前の悪いところだ!』
『”いっつも”オおまえは○○しているから気に入らない』
『お前のそういう事が嫌なんだ』
『なんでそんなにわからないのか?』

 

すべての責任を奥さんに転嫁するっことによって自分を正当化し、女がいることを公然のこととしようとたくらんでいます。浮気したのもオマエノせい、お前が悪いから離婚したいという風に持っていくための準備だと考えていいでしょう。

 

目的は奥さんを精神的に追い詰めて、すんなり協議離婚させるためだと思って構いません。

 

語らなくなる

男性は基本的にコミュニケーションが下手な生き物です。浮気相手に本気になると奥さんとの会話自体が億劫に感じられてしまうので、話をすることさえ拒否します。

 

言い合いになれば、女性の方が言葉が立つので”面倒な”ことにならないように、語らなくなります。

 

出ていく

本気になるってことは、奥さんが嫌になるって事と同時に起こってくるはずです。ある探偵社さんの調査によると、『夫が突然離婚を切り出した場合の8割に女がいる』という統計結果が…。

 

相手女性を好きになってしまっているために、浮気問題でこじれている奥様と顔も合わせたくないという心理に陥るようです。そうなってしまったら、女の方に転がり込むか、もしくは自分で家を借りてそこに1人?もしくは二人で生活を始めるかという行動をとります。いわゆる別居です。

 

家族に対しての態度の変化

これは女性の方が顕著に出てくるのですが、男性にも同じことがいえるようです。浮気相手が本気相手になると、家族(子供・妻側の両親)などに対して関心を示さなくなってきます。

 

配慮が無くなったり、冷たくなったり、話を聞かなかったりというような変化が生まれてきます。まぁ考えれば当然ですよね、配慮するべきは相手の女になってくるので…

 

本気じゃない場合の3つの事例

今まで本気になってしまった時の夫の変化について紹介してきました。ココからは本気になっていない時はどういった反応を見せるのかってことを簡単に紹介していきたいと思います。

 

必死に隠す

やはり浮気がばれてしまって自分の立場が悪くなるってことは避けたい為に、必死に隠すようになります。問い詰められても、どんな証拠を提示されても”認めない” ”否定する” ”逆ギレする” といった対応を取ります。

 

本気でない場合は、奥さんの機嫌を取りに来るとか、無駄に(笑)優しくなるとか、家族に優しくなったりもします。縁あって結婚したわけですし、ある程度一緒に居る仲なので、微妙な変化を見逃さないようにしましょう。

 

注意ポイントとして、離婚を考えている場合でも不貞をしているなら隠した方が得ですから、そういったことをするのかも!?本気と浮気との違いですが、本気の場合は”かたくなな態度” 、浮気の場合は”勘違いにもっていきたい態度”を取りますので、注意深く見守りましょう。

気持ちの揺さぶり

浮気相手にも情が移り奥さんは奥さんで別れることを考えていない場合は、ドストレートに

 

『俺もどうすればいいのかわからない』
『両方大事な存在』
『もうちょっと待って…気持ちの整理をつけたいから…』

 

などと言って、今の状況を楽しみ続けるヤカラが存在します。こういったことをぬかす男性は基本的に優しい男性が多いのですが、よ〜く考えてみると自分勝手、わがまま、優柔不断というキーワードが浮かんできます。

 

優しさが仇となるって感じでしょうか?これは考えようによっては、奥さんの気持ちを揺さぶって現状を維持しようとする”逃げ”の手法だと捉えられます。惑わされずに(-_-メ)

 

これを解決するには、奥さんの「本気度」を見せるしか手はありません。これを許すとズルズルと何年も浮気を続けるパターンになってしまうでしょう。

 

一度成功したパターンは必ず繰り返されます。たとえ浮気相手と別れても、また他の人を探し始めるでしょう。

 

様子うかがい

本気ではなく浮気であると認識している旦那様は、その罪悪感からか妻がどのように感じているのかってことを探ってくる場合があります。例えばなんですが、直接奥様を探るのは気が引けるのでこどもを使って奥様の様子をうかがってみたりとか、こまめに連絡を入れるようになり、様子をうかがうであるとかといった感じです。

 

浮気調査されてはまずいと考えている旦那は、浮気調査をされているのかどうなのかってことを探るために、探偵を雇って調べるというツワモノまで存在するんだとか…。

 

これは離婚されたらまずいという考えの元ですから、本気ではなく浮気なのかもしれません。

 

浮気調査依頼をしているのかどうなのかを調べるために、家に盗聴器を仕掛けて奥さんの会話を録音してみたり、パソコンスマホでの履歴をチェックしてみたり、もしかしたらこのサイト『旦那の浮気調査研究所』を覗いたことを見られてしまっている可能性も考えられます。

 

旦那の携帯ばかりを気にするのではなく、今持っているアナタのスマホも見られているのかもしれませんよ。そういった行動に出ていないのかってことも調べておいてくださいね。

 

 

まとめ

浮気から本気になるってことは、何かのきっかけがないとそうなっていきません。

 

 

きっかけに気づけるように、常に旦那さんに対してアンテナを張っていることは大切な事

 

 

そしておかしいなぁと感じてからの対応が、旦那が浮気を本気にならせるのか、そうでないのかにかかわってきますのでしっかりと対策を取ってください。

 

あなたの応援が励みになります<(_ _)>
このエントリーをはてなブックマークに追加  

 



 

⇒浮気する旦那の心理 記事まとめ

 

⇒旦那の浮気 調査研究所(トップページ)

 

⇒婚約相手の身辺調査に関する情報はコチラ

 

⇒事前に知るべし!探偵の浮気調査について

 

探偵さがしのタントくん
どれが自分に合った探偵なのかわからない方へ、あなたに代わってベストな探偵を選んでくれるサービス『探偵さがしのタントくん』の詳細ページになります。

 

 

 

奥様自分自身で浮気調査する方法まとめ