シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岩崎恭子”なぜ”たたかれない?不倫が公になっても炎上しないわけを考察

岩崎恭子さんのブログのシュクショ

私たち世代にはチョー有名な水泳選手。年が近かったこともあり金メダルを取った時はめっちゃ驚いたのを覚えています。

だって自分らの年代の女の子が、世界一位になったんですよ。その衝撃は、当時のほほんと暮らしていた私たちにある意味刺激を与えてくれたことを覚えています。

 

そんな岩崎恭子さんも40歳になり、結婚して子供がいるのに不倫していた事実が暴露されてニュースになっています。

でもそんなに叩かれている感じでもありませんよね。

 

今の時代”ダブル不倫”という一番叩かれやすい状況で、何故たたかれないのか?ということを考察してみたいと思います。

 

岩崎恭子という人となり

冒頭でも書きましたけど、やっぱり私たち世代(アラフォー)で知らない人はいないぐらい有名なスポーツ選手です。20歳で引退してしまいましたが、スポーツ界に与えた影響はとんでもないものだったように思えます。

 

だって14歳でオリンピック金メダルなんて、びっくりでしょ。

そして注目すべきは、やっぱりちょっと天然なのかもって思わせるような言動です。憎めないんですよね。

 

オリンピックで金メダルとった時のコメントがすべてを網羅しているというか、表しているというか、なんかそんな感じ。

14歳のくせに(ごめんなさい)『今まで生きてきた中で一番幸せです♡』ってコメントですよ。いい子なんだろうなぁってのがしみ出ていますよね。

 

なんだかホワンとしていて、つかみどころがないというか、あまり前に出過ぎないというかそういった性格が特徴ですよね。

 

今回はダブル不倫ということで、叩かれる要素は十分なのですが、そこまで叩かれていない理由は、岩崎恭子ちゃんが今まで積み重ねてきた、良いイメージがあったからこそだと思います。

 

それプラス今回潔く世間に対して認めて謝ったことが結果的に”叩かれない”で済んだ理由なのかもしれません。

 

なぜ離婚になってしまったのか?の理由

11月5日にブログで離婚を発表した岩崎恭子さんですけど、不貞行為が離婚理由であるって事ではないようです。

何でも11月3日には離婚が成立していたらしい。

 

何が原因かということは本人の言葉で話しているところは無いのですが、長年別居をしていて協議の末の離婚ということは岩崎恭子さんがおっしゃっています。

夫婦ってやっぱり一度別居してしまうとなかなか元には戻れないものですよね。

だってその生活が普通になってしまうし、相手の存在も小さくなっていってしまいますから…。

 

別居して別々の生活をしていくうちに知り合ったのが、今回の不倫相手なんでしょう。

私の体験からしても、離婚協議中って本当に精神的に参ってしまうことが多々あります。私も『誰かに…』って考えた事ありますしね。

 

今回の不倫相手は50代でIT関係の方。頼もしく見えたのかもしれませんね。まぁこの方との付き合いも解消したらしいので、一時の気の迷いだったのかもしれませんが…。

私としては、好きなアスリートであっただけに今後は普通の方(今回の相手は既婚者)とステキな恋愛をしてほしいって思っちゃいました。

 

お互いに別居して、離婚に向けた話し合いをしていた、しかももうすぐ合意という段階での不倫なだけに叩かれなかったのかもしれません。

 

怒るべきは…

086490失恋中のオンナと、離婚協議中のオンナは落としやすいって定説は、本当に女性の心理をついた正しいものだと私は思います。

だからいろいろな心理テクニックの本なんかにかかれていたり、そうやって実際に口説いて成功した男性も多いと思います。

 

傷ついた心を誰かに癒してもらいたい、必要とされたいって普通の感情ですよね。

岩崎恭子さんの不倫相手は、既婚者(最近離婚した?)でIT関係で10個ぐらい上の男性でした。もしこの男性が、こういった心理を利用して近づいてきていたとしたら(あくまで仮説です)叩くべきはこっちじゃないかなぁって思ってしまいます。

 

独身男性であれば、それはそれでいいのですが、遊び目的でしょ。岩崎恭子という金星を思い出にしたいって思いがどっかにキットあったはずです。そうであれば、本当にむかつきます。

 

皆さんも、そういった思いで、岩崎恭子さんを被害者的な目で見ているから叩かれなかったんじゃないかなぁって私は感じています。

 

元旦那様のコメント

 

夫だった齊藤さんは週刊誌の取材に対して、岩崎さんに親しい男性がいることは知らなかったと言いつつ、別居しているため、仕方がないと話したという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00010006-fnnprimev-ent

この方もスポーツマンらしく、潔いコメントだと思いませんか。

週刊誌に聞かれたからと言っても、コメントを出したタイミングが早かったことが、好印象を与えたんじゃないでしょうか?

 

岩崎恭子さんとしっかり話し合いができて、両方とも納得した上での離婚となっていたからこのようなコメントが出せたんでしょう。

 

岩崎恭子さんのコメントも相手への敬意があって、不倫を認め、素直に謝罪したという点で、元旦那さんと同じような”いさぎよさ”を感じられます。二人が納得していて”いさぎよい”対応と、コメントの中に素直な心が垣間見れた結果、あまり叩かれずに済んだ要因だと私は感じました。

 

 

スクープ写真と報道と

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181105-00010004-flash-ent

『金のかつら』ってどう見ても普通のウィッグでしたよね。金メダルにかけた感じで記事を書きたかったようですが、狙いすぎた感があり過ぎます。

どー考えてもふざけているとしか思えませんでした。

 

ちょっと最近こういった話題になりそうなものに対して、過剰なタイトルをつける報道が目立っていますよね。さらに猫も杓子も不倫不貞で騒ぎ立てる風潮。

ゲス不倫、アパ不倫、などなどそんな感じです。

 

こんな報道に皆さんがちょっと飽きてきたのかもしれませんし、そこまで言うほどひどい不倫や浮気ではなかった(衝撃的ではありましたけど)ことが騒動がひどくならなかったことにつながったのかもなぁって考えています。

 

行列ができる法律相談所の北村先生もおっしゃっていましたが、『2年間以上の別居生活をしていたってことで、婚姻関係が破たんしていたとみなされ、俗に言う不倫関係ではない』とおっしゃっていました。法律家も太鼓判を押すぐらいなので、まぁ法的にも問題なかったんでしょうね。

 


 

以上が私が考える『岩崎恭子ちゃんの不倫が公になっても炎上しないわけ』です。

やっぱり誠実さや純粋さなどがみられる人間性は得だなぁってつくづく感じちゃいました。

 

でもそこまで叩かれてはいないのですが、やっぱり辛辣な言葉を投げつける人はいました。人をたたくのが好きなんでしょうね(-_-メ)。

 


 

 

まとめ

岩崎恭子さんのブログには、いさぎよさとか人の好さとか離婚してしまった旦那様への配慮とか、自分への反省とか様々なことがみられましたよね。

不倫というような形になってしまった事実は受け止め、そして関係者に謝罪して、いさぎよく非を認める。

 

これが、あまり世間に叩かれなかった真相ではないでしょうか?

 

そうやって見て見ると、やっぱりスポーツマンシップにあふれる方なのかもしれませんね。

やっぱり金メダルをとるだけのことはあるかなぁって…。

 

岩崎恭子さんのブログには応援コメントがあふれています。これがすべてを物語っているのかもしれません。

もしあなたも、この素晴らしい女性を応援したいと思えば、応援コメントしてあげてみてくださいね。その一言一言が、これからの彼女の財産となるはずですから…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)