シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カイヤさんと川崎麻世さんの離婚裁判について思う事

私はですがカイヤさんと川崎麻世さんの泥沼の離婚劇に、どちらかというとカイヤさんに対して肩を持ってしまいます。同性ということもありますが、浮気された辛さを知ってしまっているから…。

たぶん、今カイヤさんは意固地になってしまっているんでしょうね。

 

この記事では私『かすみん』が、カイヤさん夫婦の離婚裁判について思うことを書いてみたいと思います。

 

やっぱりすごい川崎麻世さんの浮気履歴

kaiyarikon2

 

写真引用元:ライブドアニュース

あらためて調べてみると、かなりのツワモノのようです。これはなんで結婚したのか?意味がわからないレベルです。

根っからの浮気症なんだろうなぁって呆れかえるばかりです。

 

1993年斉藤由貴さんと不倫騒動

調べて一番最初に出てきたのが、斉藤由貴さんとの不倫でした。

斉藤由貴さんも最近医師の方と不倫をしていたということで騒がれましたが、もしかしたら川崎麻世さんとの不倫がきっかけで、浮気の蜜の味を知ってしまって現在に至っているのかもしれませんね。

だって一度不倫という関係を経験した方は、その味が忘れられなくなるって言うでしょ。

 

2001年舞台女優

斎藤由紀さんとの不倫がばれた時に記者会見の席に同席したカイヤさん。これって本当に想像するだけでも辛かったんじゃないかなぁ?

そんなことがあったのに、川崎麻世さんは8年後にまたまた浮気疑惑が…。この時はあまり詳しく紹介されていませんが、お相手は舞台女優さんなんだとか。

 

モーニング娘。

2011年にモーニング娘。の中澤裕子さんとデートしている現場をフライデーされちゃいました。

イチャイチャしてバーに現れてキスまでしていたと報じられています。はぁ~~(-_-メ)。

 

沢尻エリカ??

まぁこれってあくまでうわさレベルの話な気がしますが、デート報道があった様です。

でもお互いに否定していますし、若くてモテモテの沢尻エリカちゃんが引っかからない気がしています。

 

2014年一般女性を妊娠

私は知りませんでしたが、こういったことも行っていたようです。そして女性自身の記事が本当なら、マジで許せないキモオトコです。

本当なら…ですが。

 

以下引用

引用元:女性自身

 

~~

こうしたラブラブな時間は長く続かなかった。麻世の態度がだんだんと冷たくなっていったのだ。A子さんとの関係、そして妊娠について、彼は何と答えるのか。2014年10月28日、自宅から舞台の稽古に向かう麻世を直撃した。

――A子さんという女性と交際されている件について、お話を聞きに伺いました。
「えっ? A子さん?」
初めて聞いた名前のように反応した麻世だが、記者の次の質問で声の調子が変わった。

――そうです。A子さんです。妊娠中と伺っていますが?
「イヤ……それは本当かどうか知らないですよ」
声が上ずり、動揺する麻世。

――A子さんと交際されているのは事実ですよね。
「いや、交際なんかしてないですよ。してないですよ」

――お二人のツーショットを何度か見ています。
「それ、たぶんもう完璧に俺、ハメられてる」

――いま妊娠3カ月で、彼女と結婚すると言われていると聞きましたが。
「知らないですよ!子供を産むとか産まないとか、何を言ってるんだと。交際はしてないですよ」

――でも、肉体関係はあるんですよね?
「いや、それは(A子さんが酔って)潰れたから(泊めただけ)……」
麻世の手は震え、記者を恫喝するように怒鳴り声をあげる場面も。しきりにペットボトルのお茶を飲んでいた。

麻世に捨てられた形となったA子さんの胸中は……。彼女本人にも話を聞いた。

――麻世さんのお子さんを妊娠されているというのは本当でしょうか?
「川崎さんの言うことがすべてです……」
それだけ言うと、A子さんは泣き崩れた――。

 

 


ネットに転がっているだけでも、これだけの裏切りを行っている川崎麻世さん。すさまじさは一級品ではないでしょうか?

でも”知られてしまった”ものだけがこのように書かれてしまうので、これらの浮気が氷山の一角だとすると…コワイでしょ。

 

もしかしたら、数十人との浮気があったのかもしれませんよね。まぁ本人に聞いてみなければわかりませんが…(-_-メ)。

 


 

 

18年の別居生活ってことは?

カイヤさん

カイヤさんと川崎麻世さんの夫婦って18年間別居生活をしているんだそうです。ってことは2000年ぐらいから別々の生活をしていたってことになりますから、上記した舞台女優さんとの浮気の際には、もうすでに別居していたので、それこそ報道で知ったのかもしれませんよね。

 

たぶんそのころなのかなぁ?川崎麻世さんを見限ったのは!

 

だから今ではしっかりとボーイフレンドがいて、今を楽しんでいるんだろうなぁって感じています。世間では離婚するする詐欺って言われているようですが、やっぱり”心のキズ”は残っていますし、当時は愛情が有ったんじゃないでしょうか?

 

じゃないとあんなに人間って怒れませんよね。

 

川崎麻世さんも麻世さんで、好き勝手やっているのに、何が不満なのか?『お金の問題でもない』って公言されていますし、本当によくわかりません。

 

今更ながら川崎麻世さんが裁判を起こしてまで離婚をしようとしているのはなぜなのか?理解に苦しみます。

 

(写真引用元:カイヤさんブログ

 

女を怒らせたら怖い?離婚裁判にまでなった理由を考えてみた

facebookbana

実は二人は離婚を認めているんだそうです。ただ何について争っているかは明らかになっていません。

 

過去にカイヤさんは結婚するときに祖父母から「結婚するのはいいですけど、川崎の墓をだれが守りますか?あなたはみることができますか?」と尋ねられたという。カイヤは「私は責任を持ってお墓を守ると約束しました」と目に涙をためながら明かしたのだそうです。

 

これはこれで大事な約束だとは思うのですが、離婚裁判になるまで争う事ではない気がします。

 

また他にも『麻世さんの下半身を壊してしまったから』責任を感じて離婚をしないなんてことを言ったこともありました。ですが、これだけ精力的にパートナーを変える麻世さん、しかも最近では浮気相手を妊娠させる能力を持っていることが証明?されているので、これも争うまでは無い気がします。

 

こう考えると益々意味が解らなくなっちゃいますよね。

 

あと考えられるのは、離婚裁判にまでなってしまう一般的な争点である『お金』と『親権』って問題ですかね。

でも親権問題は、2人のお子さんともに成人されていますので、争うことは無いでしょう。

あと残るのはやっぱり『お金』の問題。

 

これが一番かなぁって感じるのですが、でも最近のカイヤさんのブログを見て見たら、これも違うような気が…

 

カイヤさん公式ブログより引用

傷ついた心
2018年10月22日

テーマ:ブログ
ある日私は再び笑うだろう
ある日私は再び信頼する
今日ではないかもしれないが、私の傷ついた心は修復するだろう。

そして、あなたが私と同じように感じたら…

もう一度笑うよ
もう一度信じるよ
あなたは再び愛する

私はあなたの傷ついた心が私のように修復すると信じています。
ただ時間が必要です。

私はあなたの傷ついた心の痛みを感じる
愛してるよ
caiya

 

これをみると、どこかに未練があるのかなぁ?って思っちゃいますよね。カイヤさん的に離婚は承諾しても、一人の人間としての意地であるとか、女であることの尊厳を踏みにじられた代償を支払ってもらう為の裁判になっているのかもしれません。

 

このように感じてしまうから、私がカイヤさん側を支持する理由なんですが…

 

 

世間の反応がひどい!

086490芸能人って言う職業は本当に大変だなぁっていっつも思っています。普通の夫婦でしたら『夫婦のことは夫婦にしかわからないことがある』っていうような理由であまり語られないし、詮索することも少ないのが一般的。

 

私が離婚した際も、お節介な叔母さん連中に詳しく聞かれただけで、他の方にはあまり多くを聞かれることはありませんでした。

でもカイヤさん夫婦はテレビで騒がれていろいろな人にいろんなことを言われて、誹謗中傷まで受けています。

 

そこまで言われる筋合いあるんだろうか?って思うほどひどいことを書かれているものもあります。私はこれが許せません。芸能人だから叩いていいのか?芸能人だから馬鹿にしていいのか?自分のうっぷん晴らしをして何が楽しいのか?

 

本当に意味が解りません。世間的にたたきやすい事例であるとは思いますけど、それぞれの人生他人にとやかく言われる筋合いはありませんよね。なんか本当にむかついてきます。

 

紹介できないほどの、ひどい内容です。

女性蔑視のようなものまで…。

 

麻世さんが先に裏切っているし、カイヤさんは我慢していた方でしょ。最近になってボーイフレンドたちと遊んだっていいじゃない!!そこまでしなきゃ心の均衡がとれないほどの裏切りを受けたんでしょ。そういうことを解って書いてほしい。

 

本当に読んでいるだけでムカつく内容ばかりでした。好き勝手書く人多いんだなぁって…。

 

 まとめ

カイヤさんは(私の中でですが)強く見えているけど、本当は弱い人なんじゃないかなぁって思っています。

周りに強くあたるのは弱さを隠すため?

 

本当に傷つき疲れ切っているんじゃないかって…。そう思うからこそ世間の風当たりの強さにムカついてしまっています。そんなに叩く必要あるのかなぁ?って。

怒りに任せてカイヤさん擁護の記事を書かせてもらいましたので、まとまりのない文章になってしまったことは申し訳ないと思っています。

 

でも、旦那に浮気されて傷ついた同じ同性として書きたかったので書かせてもらいました。これから裁判が無事終わり、安息の時代がカイヤさんに来ることを祈って…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)