シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樹木希林さんにぶっ壊された(-_-;)私の理想の夫婦像

ad3b6_60_156e17b1_2a5cfee1

写真引用元:http://news.livedoor.com/

 

先日大女優である樹木希林さんがお亡くなりになりました。夫婦としての在り方であるとか女の生きざまについて考えさせられることが多かったので、気づいたことを書いてみたいと思います。

知るたびに樹木希林さんという人物のすごさがわかりますよ~。

 

私は一気にファンになってしまいました。年配のオンナの和尚さんよりは、私的に好きかも♡

 

私の理想の夫婦像

人形

私は過去に2度の離婚を乗り越えて今に至っています。2度とも旦那さんの浮気により裏切られた気持ちからの行動でした。

詳しくはコチラ

 

私の理想の夫婦像ですが、やはり裏切られた経験から浮気をしないで優しくて家族のことを一番に思ってくれる男性と暖かい家族を築くのが”最良”だと思っていました。

でもいろいろな考えがあるってことを樹木希林さんの夫婦の形を知ることでわかってきたかもしれません。

 

だって希林さんちょっと前のインタビューで『今が一番最高』って答えていましたから…。私なんかよりももっともっと傷つけられただろうし、もっともっといろいろな事で悩んだんじゃないかなぁ。

 

今が一番最高だと答えられるんですから、夫婦としても良いってことなんでしょう。

結婚したことも離婚しなかったことも、内田裕也さんが不倫を繰り返していたことも、すべて含めて”良かった”という事。

 

こんな夫婦像もあるんだなぁって考えさせられました。もしかしたら私の理想は誰かに植え付けられたものなのかもしれないって…。

 

 

 

内田裕也さんという人物の蛮行

7d44c_60_23a0114a_b3b67450

 

写真引用元:http://news.livedoor.com/

 

内田裕也さんって私はたまーにテレビで見るぐらいで全く知らなかったのですが、ミュージシャンをしている方のようです。

よく茶化した感じでバラエティに出ている姿しか知りませんでしたが、破天荒な生き方をしている方なんだとか。

 

希林さんの言葉で

『金もオンナもどんぶり勘定、子供も作りっぱなし』って言われていましたが、これがリアルなんでしょう。ある意味紀州のドンファンと似ているところがあるんじゃないかなぁって私はイメージしています。

 

記憶に新しいのが、2011年に起こしたストーカー事件。当時71歳だった内田さんが50代既婚女性に対して復縁を迫って、強要未遂と住居侵入の疑いで警視庁原宿署に逮捕されたっていう事件。

過去には女優の『島田陽子』さんとの不倫とか、大麻で逮捕されたりだとか、刃物を振り回して銃刀法違反で検挙されたりだとか、本当にヤバイやつです。

 

普通に考えて、この男性をつなぎとめていた?希林さんは『すごい』方ですし、これでも夫婦として成り立っていたわけですから、私には想像がつきません。

 

 

離婚届を覆す裁判

離婚届

結婚してすぐに別居となった樹木希林さんと内田裕也さんですが、一緒に生活していた期間は1年半ほどだったようです。その時にお子さんもできています。

そして結婚してから8年後にその事件が起こります。何と内田裕也さんが樹木希林さんの許可もなく勝手に離婚届を提出してしまったんだそうです。

 

普通に考えて、ココまでなってしまったらあきらめませんか?夫からの愛情が無いってことでしょうし、相手が資産家でもない(笑)。それでも裁判まで起こして離婚届けを不受理させたってところに、女の凄みを感じるんです。

 

離婚はしないけど、お互い干渉することは無いという独自のスタイルを確立(結果こうなったのかもしれませんけど)したのは、ここからが始まりだったのかもしれません。

 

そしてここで内田裕也という人物が樹木希林さんにのみ込まれた瞬間だったのかもしれませんね。私のイメージですが、手のひらで転がしているのは希林さんの方かなぁ。

 

度量の大きさで女の方が勝ったというスカッとジャパンのような感じに見てとれました。

 

なぜ最後まで離婚しなかったのか?

fukusyuuuwaki6

『結婚した時からの覚悟として離婚は無い』って感じで希林さんはおっしゃっていましたけど、そこまでの覚悟で結婚する人も少ないのではないでしょうか?私は夫の浮気程度で離婚を選択してしまいましたから、度量が小さかったのでしょう(悲)。

 

ココが一番私と希林さんで違うところかなぁ。

 

浮気されても、逮捕されても離婚しなかったのは、女としての意地もあったのでしょうが、本気で内田裕也さんという人間と向き合うという”覚悟”ができていたからなのかもしれません。

 

晩年の病気をされても、毅然とふるまっていたあの態度を見ると、死ぬという”覚悟”というか”死と向き合う姿勢”ができていたから、あのような振舞いになったと思うのです。

 

私なら、自分の死と向き合えないでしょうし、たぶん取り乱してしまう。樹木希林さんはすべてにおいてそういった”覚悟”を持った人だったから皆さんにしたわれて、唯一無二の存在になり得たんじゃないでしょうか?

 

正直かっこいい生き方だなぁって思いますし、覚悟を持った人間ってあこがれます(≧▽≦)。私も1ミリでも学ばなきゃいけないなぁ。

 

 

 

樹木希林さんと内田裕也さんの関係を改めて考えてみた

悩む50代女性

あるタレントさんがコメントしていたのが、ものすごく心に残ってしまっています。

 

『希林さんの前に行くとすべてを見透かされているようで、気取ったりすることができない』

 

これは内田裕也さんが離婚しようと思ったことと関係があるんじゃないかなぁって。すべてを見透かされてしまうって本当に怖いことだと思いませんか?希林さんにそういった能力があるかどうかは置いておいて、そんな雰囲気を持っている女性って男性からすれば怖いって思うはずです。

(特に社会的なモラルを守りそうにない内田さんなら…(;^ω^))

 

全て心の中を覗かれているなんて想像するだけでも怖い。ある意味すべてを支配されちゃうって言うか、心の奥底まで浸透されてしまうというか言葉には出来にくいのですが、なんだか恐怖を感じてしまいます。

 

どの様ななれそめで結婚されたのか?ということはあまり報道されていないので詳細はわかりませんが、はじめはどちらも惹かれ合い、そして内田裕也さんが呑まれて行ったというような感じではないか?って推測しています。

 

希林さんは結婚当時『内田裕也のすべてが好き』というコメントを出しています。

晩年では、どちらが惚れているのか?というようなチープな質問よりは、どちらが支配していたのか?と聞くのが良いのかもしれませんね。

 

もちろん樹木希林さんの方に見えますが…

 

 

 内田裕也さんのコメント

「最期は穏やかで綺麗な顔でした。啓子 今までありがとう。人を助け 人のために祈り 人に尽くしてきたので 天国に召されると思う。おつかれ様。安らかに眠ってください。見事な女性でした」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000110-sph-ent

 

コレ褒めちちぎっていますよね。まぁ亡くなった方に辛辣な言葉をかける人は少ないでしょうけど、希林さんが亡くなった後に憔悴してコメントがすぐ出せないぐらいだったようなので、取りつくろった言葉ではないことがわかります。

 

夫婦としてトラブルがたくさんあったはずなのに、最後に『見事な女性』としての最高の賛辞を贈られるなんてステキな夫婦だと思いませんか?

旦那の浮気で離婚を選んでしまった私はなんて度量の小さい女なんでしょう。

 

本当に考えさせられる夫婦の形だなぁって…。

 

私はまだまだ心のどこかで、過去の二人の男について”怒り”という感情を持っています。希林さんの様な覚悟が足りなかったのかも。

次の結婚は…( ̄ー ̄)ニヤリ。

 

 

まとめ

人生観が変わったかもしれません。

今まではあまり樹木希林さんのことを知りませんでした。存在感がある女優さんだなぁぐらいにしか思っていなかったのが本音です。

 

お亡くなりになってしまったことで、私から見れば壮絶な人生を歩んでこられたんだってことを知りました。そしてこんな夫婦の形もあるんだってことを学ばせていただきました。

 

このサイト『旦那の浮気調査研究所』では、浮気を絶対悪と決めつけて様々な記事を書いてきたんです。でもちょっとだけ考え方に幅が出てきたと感じています。

 

カッコイイ生き方をされた樹木希林さんの人生を学んで、これからの私の人生に生かしていきたいって考えています。

 

最後に、樹木希林さんのご冥福をお祈りいたします。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)