シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実録!娘婿が浮気していた…許せなかった父が行った復讐劇

 

父と娘

妻から連絡があった…結婚した娘が悩んでいるとのこと

 

娘(5歳ぐらい)「お母さん大好き…あとお父さんも♡」

確か小さいころに聞いたよなぁ?

 

musumemukonouwaki2カワイイ娘を嫁がせた悲しみと憤りは今でも覚えている…

娘(25歳)「ここまで育ててくれてありがとう(涙)」

『娘が幸せになってくれればそれでいい』そういう思いで嫁に出したのに…今やその男が娘を泣かせている。

 

何とかしてあげなくちゃ

親と子の関係、これは死ぬまで続く…。

だからこそ守ってあげなくちゃ…。

 

娘は乗り気ではない

まだ彼を信じたい気持ちがあるようだ。

それはそうだろう、好きになったから結婚したんだろうし、浮気が怪しいからすぐに嫌いになれるわけでもない。人の気持ちの変化はそう単純ではないのだから…。

 

だからこそ私が主導で浮気調査を依頼した。乗り気でなかった娘も妻と一緒に説得した。

娘には2歳になる娘がいる。正直な話、娘婿のことは信じたかったし、真実が明らかになって離婚となれば2歳の娘もかわいそうなのかもしれないとも考えた事もある。

 

でも自分の娘の”なみだ”を見た時…決心した。娘の幸せの方が優先だと。

 

案の定、娘婿は浮気していた。会社の同僚である若い女性と。

 

娘に話を聞くと、もう2度目らしい。娘との結婚生活は4年弱、その間に2度も発覚しているこんな男、絶対に娘にふさわしくないし、ココで丸く収めても必ずまた浮気を繰り返すだろう。

そう考えると、家に遊びに来た時のにやけた面が余計に腹が立ってきた。

 

今まで50年以上男としてやってきた経験から、そんな男は信用できないと断言できる。

浮気を自慢するオトコ…  飲み会で人妻との情事を話すオトコ… ヤッタ人数を自慢げに話すオトコ… こんな奴に信用できるオトコはいなかった。というより娘が出来てからそういった話をする奴が嫌いだったのかもしれない。

 

だいたい、まさか自分が浮気調査を依頼するなんて思っていなかったが、自分の事ではなく娘の夫婦の浮気調査をするなんて”もっと”夢にも思っていなかった。

 

探偵ってどんなことをしているのかわからなかったし、私の知識としては映画などで見るシャーッロックホームズぐらいしか頭に無かったから。

実際探偵さんに依頼して初めて分かったが、そんな殺人事件を追うなんてことは全くないらしい。

 

でも本当に凄いんだなぁって感心させられた。プロが取る浮気の証拠は本人たちよりももっと詳細に、周りの風景、そしてトキオリ映る駅の時計や地名が入った案内表示版などなど、100%”そこに二人でいた記録”が記されていた。

 

調査自体は娘の連携もあり、浮気するであろう日を特定できていたので簡単だったらしい。

報告書なるものが出来たと連絡があり、取りに行ったときに娘はついてこずに私と家内が受け取った。

 

探偵事務所は遠かったために家の近所のジョイフル(九州にあるファミレス)に行くと担当者と調査にあたってくれた調査員(探偵)さんが待っていてくれて、封筒に入った報告書を手渡された。

簡単な説明をしてくれたのだが、その間、娘婿と仲が良かった(?)私の妻は終始下を向き泣いていた。

うなだれる母

そこには間違いない娘の旦那と娘よりも若そうな見知らぬ女性が、肩を寄せ合い、楽しそうに食事をして、お酒を飲み、そしてカラオケ、最後はホテルといった順番でうつっていた。

そしてその後、夜の2時ごろ娘のアパートへ帰っていく姿まで撮影されていた。

 

冷静で対処しようと努力してしていた私だったが、報告書をうけとったその帰りの記憶はあいまいだ。

後で妻に聞いたが顔が真っ赤になっていたらしい。

その日のうちに家内から娘へ報告『クロでした』というメールを送って、旦那とは顔を合さないように忠告もしてもらった。

 

これはバトルになるのを避ける為、着々と準備を進めるために何度も何度も娘に言って聞かせた事だった。

有利に運ぶために絶対に問い詰めないでほしいって事。でも本人にすれば相当酷だっただろうな。

 

次の日娘は2歳の娘を連れて車で40分かけて、私の実家へ来た。

そしてすべてを知った。

私は仕事だったのでその場にはいなかったが、娘のことを考えると正直なところ仕事どころではなかった。

 

その夜妻から聞いた話だが、『何から考えればいいのかわからない』『頭の中を整理する時間が欲しい』という事だったらしい。

その時もやはり”なみだ”が流れていたようだ。

 

やはり人は知らない方が良いってことは絶対にあるだろう。

ナマナマシイ自分の夫の浮気を目の当たりにさせてしまったことに対しては罪悪感を感じたが、この旦那への気持ちを断つ上では有効な手段の一つだろうと考えることで、自分を正当化していたのかもしれない。

 

やはり娘の”なみだ”は私を奮い立たせた。

この男、絶対に許すことはできない!!

そして私は娘にはナイショで”さらに”浮気調査依頼した探偵さんと連絡を取り、

  • 離婚に向かわせるにはどうしたらいいのか?
  • 娘がどうすれば旦那のことを嫌いになれるのか?
  • 親が娘にどうアドバイスをしたらいいのだろうか?

という相談をした。

 

『あまり干渉すると良くない結果になり”かね”ませんよ』という忠告を受けた後で、プロからの相談を承諾の元ボイスレコーダーで録音。様々なアドバイスをもらった。

 

大きく分けると3つ

「浮気された娘に離婚を決意させるためにできること」

「浮気相手と旦那にしっかりと社会的な制裁を加える方法」

「娘の精神的なケアと具体策」

 

話を聞いた後で、変な高揚感を覚えたのを記憶している。

 

浮気調査後の相談は無料とのことだったから相談したものの、この無料相談で私がさらに浮気相手の素性をしっかり調べるための調査を依頼したので、追加料金がかかってしまった。

これはある意味探偵社さんの戦略に乗せられてしまった格好になったが、納得したうえでの調査だったためにショウガナイことだろうと自分をなだめた。

 

戦略を立てるにはやはり”情報”が必要だってことはわかっている。娘の幸せのための仕方がない出費だと自分に言い聞かせた。

そして浮気相手の女性の素性もカナリ詳しく知ることができた、家族構成、住居、はもちろん元カレがどんな人なのか?まで調査できたようだ。

人は悪いことはできないものだなぁと感心した。お金は持っていなさそうだが、調査費を取り返すつもりで慰謝料請求するつもりだった。

 

 

それからの半年は本当に長かった。

 

時間をかけて娘をケアして、何度も自分の妻を娘のところへ派遣した。そして妻から得た情報を掴みながら準備に入る。

いろいろな証拠と嘘の検証で徹底的に『嘘だらけの男』ということを立証していった。

時間が娘を変えていき、シングルマザーとなる将来の不安も一つづつ私が消していった。

 

どういった行政サービスがあるのか?またまた私たち夫婦ができること、我慢していてもこの地獄が終わらない事、そして一番に押したかったのは、私たちがいかに娘を愛しているのか?大事に思っているのか!ということだ。

私は、そういったことを時間をかけて説得して来た。結果として離婚を選択すると決心させた。

 

私が離婚までもっていったように感じた方がいるかもしれないが、実は娘の方も浮気を認めないしやめる気が無い旦那に嫌気がさしたらしい。

浮気調査をしているということを黙っていてくれた娘に強さを感じ母になったんだなぁって実感したのは言うまでもないかな。

 

今でも覚えているが、3月のまだちょっと肌寒い季節の祝日に、娘婿の両親を呼んで食事会を開いた。

顔を見たくもない心境だったが、直接向こうの両親に連絡を取り、そして半ば強引に期日を決め約束を取り付けた。突然の連絡でびっくりさせてしまったかもしれないが、らちが明かないでだらだら過ごすよりは、一撃で全てを変えたかったという思いからだ。

 

当日、久山にあるとある料理店で食事会を開いた。「話がある。必ずお二人ともそろってきてほしい」という”含み”を持たせた言い方をしたので、娘婿の両親もすんなり来てくれた。

30分前に私たち夫婦は着き、その次に向こうのご両親、最後に娘夫婦&孫娘という形で席に着いた。

 

笑えることに、一番そわそわしていたのは私だったかもしれない。

何気ない会話をして食事が進んでいったときに、孫娘の顔を見た。あどけない笑顔と唐揚げをほおばる姿。

父親を奪ってしまう罪悪感を覚えながら、それでも夫婦仲が悪い家庭で育つよりはましなはずだ!と自分に言い聞かせて”本題”に入った。

 

後は想像の通り修羅場だった。

娘婿のお父さんは真面目な方でモラルを持った方だった。が、母親はというと、終始息子をかばってうちの娘を悪者にしたがる言葉に怒りを覚えた。

この母親あってこの息子なんだろうなぁと妙に冷静に分析していた私がいた。

 

娘婿のお父さんが居なかったら?と考えるとぞっとするが、数々の証拠娘の離婚意思が決定的な”もの”になったのは言うまでもないだろう。

娘の為に行った浮気調査は結果として60万円弱、慰謝料請求額は200万円、月々の養育費は4万円となった。もちろん浮気相手にも慰謝料請求をして100万円分割で支払うことになっている。

 

離婚の慰謝料としてはなんとなく物足りないものなのだが、元娘婿の稼ぎからするとそんなもんだろう。

何よりあんな男と結婚生活を送らないでよくなったことが私には最大の収穫なのかもしれない。

 

今回のことで、嫁がせたから親の責任は終わったと思っていた私がばかだったことを証明した。

そして子供は死ぬまで子供なんだと実感した。

 

娘夫婦のことに首を突っ込んだ私を過保護だとか子離れしきれていないとか、世間では言われるかもしれない。

でも自分がやったことに後悔はないし、むしろ誇りに思っている。

本当に馬鹿な親父だ。

 

今は3歳になる孫娘と頻繁に会えることがうれしい。かわいい時を一緒に共有できる”娘”に会えることも。

”デレデレジジイ”  今は娘にそう呼ばれている。

孫娘

 

 

 


これはある男性に頼んで書いてもらった記事になります。

実際に娘婿さんの浮気調査をしてどう感じたのか?どこに不安を覚えたのか?やってみてどうだったのか?などを書いてもらいました。

この方は結果的に娘さんに離婚を選択させたようですが、後悔はしていないようです。

 

むしろ娘婿の本性を知ることができて、さらにそんなオトコとの結婚生活を終わらせたことに対して”よかった”と思われているようです(-_-メ)。

確かに結婚4年目で2度の浮気は、浮気性という”病気”の男性に違いありませんよね。

浮気に悩まされてきた私にとっては、敵であると言えるでしょう。

 

こんな男とさっさと別れさせた、このお父さんは正解だったと思います。だってこのまま婚姻生活を続けても、娘さんが辛いだけでしょうから…。

 

 娘婿の浮気調査をする人増えている?

右肩上がりのグラフ

スマホやSNSの普及で個人的に連絡を取りやすくなった現在。浮気や不倫をする人が増えてきているようです。

さらに、女性の浮気も増えているという実態があります。当然女性の浮気が増えているということは、相手がいるわけで…そういった影響もあって浮気の総数自体が増えてしまっているのだとか。

そして今の時代、若い夫婦ってやっぱり金銭的な面で余裕がありませんよね。

浮気調査となるとやはりある程度まとまったお金が必要になってきますから、経済的に難しいのです。

 

浮気が増えている現状と、若い夫婦の金銭面での余裕のなさが相まって、ご両親による浮気調査が増えているのだとか。

これは私の考えですが、ご両親と娘さんの距離が昔よりも近くなったことも影響しているのではないのかなぁって考えています。

適切な探偵社の選び方

選ぶ夫婦

一昔前、浮気調査を考えるときにはタウンページとかで探偵さんを探すのが主流でした。これってかなり問題がありまして、タウンページってその調査会社が優良か悪徳か関係なく”お金を積めば”大きな文字で広告を出せたんです。

当然、悪徳探偵はお金をかけて集客し、かなり高額の報酬を受け取る。そしてそのお金をまた広告に使う。というスパイラルになっていました。

その陰で真っ当に調査をしている会社は、健全経営ですからそこまで広告にお金をかけられないし、口コミも広がりにくい業界なので経営が難しかったんです。

 

今現在ではタウンページからの依頼は少なくなり、インターネットを使った依頼がほとんどなんだとか。

でもホームページで優良なのか悪徳なのかを判断することは絶対にできません。

だって好き勝手書いていても、それを訴える人ってほとんどいませんし、なんとでもいいわけってできますよね。

目を引くためだけに低価格を売っていたりもするんです。

 

だからこそ気を付けてもらいたいのです。

 

探偵業法(探偵に関する法律)が出来て悪徳探偵も少しは減ってきたようですが、それでも毎年のように恐喝やゆすりたかりで捕まっている業者さんがいます。

 

娘さんを守るためには優良な探偵さんを選ばなければ、アナタが損をするだけになるのです。

損をするだけではなく、真実もわからない、娘さんも守れないでは話になりませんよね。

 

ですからアナタは価格面だけではなく総合的なものを考えて探偵は選んでみてくださいね。

 

 

安心安全でサポートが”特に充実した”探偵社さんがいるのでしたら、あなたは依頼しようと思いますか??

私『かすみん』が一押しする探偵社さんは一目見れば、そのほかの探偵社さんとの違いに気づけるでしょう。

⇒ オススメ探偵社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)