シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵の浮気調査回避方法 完全版!

逃走する親子to

不本意ながら、浮気撲滅を目指している私としてはこういった話をしたくないが、浮気を疑われていることに懲りて、もうこれで浮気を止めてほしいという思いでこれを書きます。

ぜひ浮気で悲しませるような行為はこれで終わりにしてほしい。ばれないことで、修復できる関係もあるのですから…。

ではこれから探偵の浮気調査を回避するために必要な知識について書いていきます。現在怪しまれている、調査されてはまずい、って方には必見です。

 

 

 

浮気調査されているか知る&かわす方法

気づく男性

浮気を問い詰められている、パートナーにばれてしまっているようだ…、探偵に調べられているかもしれない、こういった時は今の生活が維持できないという不安と、パートナーとの修羅場を想像して恐怖感にさいなまれてしまっている方も多いことでしょう。

パートナー自身で調べている分には、言い逃れのできない決定的な証拠を取得することは難しい事でもあります。ですから認めないとか勘違いで押し通すことができるのですが、ココで探偵社がしっかり調査したとなれば、そんなことはできなくなるはずです。

だからあなたも、探偵に浮気調査をされているのかどうかを知りたいわけですよね。これからどのようにして浮気調査をされているのかどうなのかってことを知るための知識を紹介していきます。

浮気調査依頼するパートナーの言動

浮気調査を依頼する場合に、そんなに何度も調査依頼をかけているような玄人はいませんから、必ず何らかの変化を伴うはずです。向こう側としたら平静で装っていなければいけないですし、お金がかかっていることなのできちんと調査ができるのか不安に思っているかもしれません。

こういった時に、平静でいられるような人はほとんどいないでしょう。何らかの形で、”いつもとは違った”反応や対応をしてくるはずです。

例えば

  • くちも聞かなかった相手が話しかけてきた
  • 話しかけなくなった
  • 目を合さないようになった
  • 常に何かをしている
  • そわそわしている

こういったことが起こってきます。

探偵に浮気調査依頼をする時点である程度の証拠や確信を持っていることは間違いないことですから、普通とは違った対応だとは思うのですが、それ以上の変化が必ずあります。そこを見逃さないようにしてください。

調査着手日に近づけば近づくほど、緊張は高まってくるはずですから、浮気調査されているかもって不安な時はパートナーの反応もしっかり見ておきましょう。

トラップ

浮気相手に会いに行くことがパターン化していませんか?週末のみに会うようにしているとか、決まって月初めに残業とか出張とかはないでしょうか?もし会うことに対してパターン化してしまっているのであれば、そこを突いて探偵を雇ってくる可能性が高いです。

これを逆に利用することで、自分が調査されているのかされていないのかということを知ることができるかもしれません。

具体策

探偵に浮気調査を依頼する前には、あなたの周辺にある小物などは調べつくされていると思います。携帯電話、手帳、フェイスブック、LINE、ブログ、財布、レシート 等々です。

そして浮気相手と会う場合は、どういった時が多いのかっていうような、日記であるとか、今までのデータであるとかを記録している可能性も高いです。見られていることを想定してトラップをかけましょう。

例えば手帳に浮気相手との旅行日を書くとか、週末の日付にピンクの丸印を書く、など。他にも、わざとメールで会う日を指定するなどを行って、実際は同僚などと飲みに行くなどというようなトラップを仕掛けるんです。

そこで周りに気を配り、調査されているのかを見破ります。

 

トラップ返し

浮気調査費用を安く済ませるために、調査依頼をした方がトラップを仕掛けることが良くあります。例えば、実家に帰る用事を作ってわざと一泊するように予定を組んだり、2か月前ぐらいから同窓会通知をテーブルにおいておいて、あなたに見せるようにしていたり、浮気相手と会うであろう日をわざと作って調査をするつもりでトラップを仕掛けるのです。

その日は死んでも浮気相手と会うなんてことはしてはいけません。そしてわざといろいろなところへ出かけて行って、周辺を探ります。

わざと閑静な住宅街を歩いてみたり、自転車に乗ってとなり町まで出かけてみたり(探偵は自転車を嫌います)、家の電気をつけずに家で過ごしたり(見失ったと勘違いしてあなたの家の近くまで来て確認しようとする)して調べている人がいないか探るのです。

 

尾行編

浮気調査において尾行調査は欠かすことができないものになります。浮気相手に慰謝料請求をするための人物の特定や、どういった行為をするのかを調べるためには必須ですよね。自分が尾行されているのかいないのかを調べるために必要な事を書いていきますね。

 

車での尾行

探偵さんが車で尾行してくる場合は、一台で調査をすることはありません。最低でも2台とか、車とバイクといった感じで複数台で尾行をしようとします。普通の人であれば、尾行されているのかされていないのかを探っている時は、発車してから同時についてくるような車がないのかどうなのかって事”だけ”を警戒するはずです。

探偵さんが車で尾行してくる際には、一台目は目立つような動きをした後に、そのあとどっかへ消えて二度と顔を見せません。調査されているか心配な人はそこで安心するのかもしれませんが、必ず2台目がいます。そのことまで頭に入れておいてください。

対策1:3度曲がる

車での尾行の場合ですが、右や左に3回曲がれるような場所を探しておき、そこで同様のことをします。皆さんお判りでしょうが、3回曲がると同じ道に戻りますよね。そこまでついてくるような場合は追跡されていると思っていいでしょう。

対策2:車を降りるときはすばやく

車で尾行する場合に、探偵が最も警戒するのは車を降りるとき。この時にどうしても調査車両を駐車しなければいけないので、調査対象者から目を離してしまって見失うことが多いんだとか。

どうでもいい場所に止まり、さっさと降りてすぐに建物などに入ってしまうとかして周りの状況を観察することでもいいでしょう。直ぐに電話をかけているような人がいれば怪しむべき探偵かもしれません。ハンズフリーになっているのでそこまで見てくださいね。

対策3:車通りの少ない道

ほとんど誰も通らないような道を選択することも有効です。民家の間の一台しか通れないような道、一般的には知られていないような道、農道の周りが見渡せる一本道などを積極的にとおってみてください。こういったところは目立つので、そのまま調査を保留になるか、下手な探偵であればついてくるかもしれません。

 

徒歩での尾行

田舎の場合はほとんどが車での移動になると思いますが、ある程度の都会であれば徒歩での移動が基本になるはずです。徒歩での尾行の場合車での尾行よりも何十倍も簡単な仕事になります。ってことはよほど警戒しないと簡単に調査されてしまうということになります。徒歩の場合は配偶者が自分で尾行する場合もあるぐらいです。

これから、徒歩での尾行の場合に探偵に尾行されているのかされていないのか見破る為に必要な事を書いていきます。

 

対策1:常に警戒

顔を確認する人と尾行する人は別人であることがほとんどです。外に出てきた時にきょろきょろしたとしても無意味ってことを知っておきましょう。その時に周りにいる人を覚えても、その人は確認するだけの人ですから、尾行は別の人になります。ですから、初めだけ用心深くするのではなく、常に周りに気を配っておきましょう。

対策2:人気のない場所

尾行者は目立つことを嫌います。調査対象者と二人だけが歩いているということは、探偵でなくても警戒するのが当たり前です。だからわざと人気がない道を歩くようにしてください。公園や住宅街なんかはお勧めです。

対策3:3度…

車の場合と一緒なんですが、二つの角を曲がることは偶然あったとしても、3度曲がることは元の道に戻ることになりますから、偶然はあり得ません。

対策4:大きなデパート(駅ビル)

出入り口の多いデパートや駅ビルなんかでは、たくさんの人が込み合っています。そういったところにわざと入り、緩急をつけた動きで探偵をまきます。素早く出口を出たり入ったりすることなどは有効です。

エレベーターに乗ると、必ず探偵も乗ってきますが、そのあとすぐに非常階段などで来た方向とは逆に(上に上がったのならすぐに下、下なら上)という風にすると追ってこれないはずです。これで見破れますよね。

対策5:電車

急に飛び降りたりすることも有効なんですが、そのあとの電車に乗ってしまうと、必ず探偵は先の駅で待っていたりします。目的地を全く別方向の電車に乗って、飛び降りてからそちらに向かうようにしましょう。尾行されていた場合はこれでまくことができます。

対策6:直線で引き離す

探偵は曲がり角を曲がった時に距離を縮めてきます。直線では縮めてこないのはばれてしまうから。逆にこれを利用してずーーと直線を歩きそして距離を稼いで、曲がり角では猛ダッシュこれで引き離せるでしょう。これで追ってきたら調査されています。

対策7: ダミーに注意

いかにも怪しそうな人を立てて、その人に注力させておいて途中でいなくなる。そして安心させておいて別の人が尾行するってことはよくやる手になります。ダミー調査員には注意しておきましょう。

 対策8:最悪のテクニック

プロ中のプロは尾行なんてしません。事前によく出没する場所をリサーチしておいて、そこに張っている探偵もいるんです。よく使うラブホテル、よく使う飲食店、よく飲みに行く場所、これらをばらすようにしておきましょう。プロの中のプロの最悪テクニックは脅威です。

 

張り込み編

調査されている場合は、必ず会社や家から出てくる時や、ホテルから出てくる時に張り込みを行っています。どういった方法で張り込みを行っているのかを知って見破るためのコツにしてみてください。

車内での張り込み

探偵が使う車は多種多様なものを用意しています。特に大手の探偵社は自社で車の整備工場まで持っているところがあるんだとか。レンタカーの”ワ”ナンバーなんてわかりやすいものは使いませんし、『○○運送』なんて書いてあるようなトラックだって持っています。実際にその車に電話番号が書いてあったり、それに電話してもつながるようになっているような周到な会社だってあるんです。

同じ車がずっと止まっていたら警戒は怠らないようにしてください。

上にも注意

目立ってはいけないので、あなたの場所が確認できる建物の階段とか、上から張り込みをしている場合があります。道ばかりを気にするのではなく、上や下などの場所からの目線はないのかチェックしておきましょう。

清掃員、店員、立ちんぼ、客引きなどにも…

様々な変装を得意とする探偵さんもいます。TPOに合わせて変装するのは当たり前。サラリーマンが多い土地柄であれば、スーツ。旅行者が多い土地であればキャリーバックなどなど小道具はたくさん準備してあります。踊る大捜査線の青島刑事みたいな”いかにも風”はあり得ませんから(笑)

 

 

探偵が使う機材の紹介

カメラで撮影

様々な機材を駆使して浮気調査に挑んでくる探偵は、まさにスパイ映画のような感じです。私が好きなミッションインポッシブルの世界観とにているところがあります。

どんな機材があるのかを知っておくことで、周りに対してどういったものに警戒すればいいのかってことをわかるでしょう。全部を知っているわけではないですが、さわりの部分だけを紹介しておきたいと思います。

撮影機器

ペン型カメラ

基本証拠を取るときは、静止画であったり動画であったりをたくさん録画します。そのための機材にはお金をかけています。

田舎での撮影の場合は明かりがありませんから、”不可視”の赤外線ライト(超高額)&赤外線カメラ、飲食店で隣の人を撮影するためにはタバコや腕時計型のピンホールカメラ、歩いている対象者を撮影するときはバックに仕込んだカメラ、ペン型のカメラなどがあります。

もちろん無人の車の中に仕込んでおいて遠隔操作で撮影をするような機材も完備しています。何気に駐車されているような車の中で撮影されていることもあるんです。スモークフィルムを張っている車には注意が必要かも!?

録音機器

集音マイクって聞いたことないでしょうか?実はああいったものも使われていたりします。20メートル先の音声も拾えちゃうものとかがあるんだとか…。飲食店で雑踏の中だから誰にも聞かれないだろうって思っていたらしっかりちゃっかり録音されていたなんてこともあります。

面白い話として、探偵さんの耳はすごくて、喫茶店で複数人が喋っていても、その人の声だけをしっかりとらえるようなことができるそうです。だから私たちが癒されに訪れる喫茶店なんかでは、逆に疲れてしまったりするんだそうですよ。探偵さんの頭にレコードされるってことも怖いことですよね。

 

gps機器

gpsの記録っていうものは裁判では通用しませんが、gpsを使って位置特定して、撮影するところまで行くと証拠能力として複合技で一本取れちゃいます。探偵さんが使うgps機器はココセコムとか、キッズ携帯などを応用して使っているようです。

車に隠されている場合は、整備会社に預けてもわからないと豪語する探偵さんもいますから巧妙に隠されていると発見できない可能性が高いです。別の探偵なら見つけられるかもしれないですけどね。

 

あなた自身のスマホ

最近多いんですが、奥様があなた自身のスマホにスパイアプリを忍ばせて、浮気調査に役立てるということが起こっています。もちろん探偵さんの指示のもとなんですが、一度2000円ぐらい支払えば永久に使えるっていうようなアプリとか、ちょっと設定とかが難しい無料のものもあります。

重要なのが、これがどこまでできるのかってことだと思うのですが、何と

  • 遠隔操作でアナタのスマホでカメラ起動で写真動画撮影
  • 遠隔操作であなたのスマホの周辺の音の録音
  • gpsがオフになっていても位置測定
  • アナタのスマホのショートメール送受信
  • スマホのロック(使えなくなる)
  • スマホに記録されている画像、映像の保存

これらすべてがスパイアプリを起動するだけでできちゃいます。もちろんですが、普通にスマホをいじってもインストールされているのかわかりません。こんなことが簡単にできるようになっちゃっているんです。

浮気調査はどれぐらいの期間行われるのか?

カレンダーの写真

尾行されている、調べられているかもしれないと思ったときはどれぐらいの期間を気を付けておけばいいのかが気になるのではないでしょうか?私の意見としては、配偶者を悲しませてほしくないのですが、だいたいの期間を紹介していきたいと思います。

これは一概にどの位の期間と特定はできない問題です。どれ程の期間調査されているのかってことはご家庭の都合とか、状況(離婚or関係改善)にもよってきますので、最後はご自身で判断した方が良いでしょう。

ココからは浮気調査期間を算出する要素について紹介していきます。

資産状況

簡単に言えば、どれぐらいため込んでいるのか?お金に余裕があるのかってことを考えることで、どれぐらいの期間浮気調査ができるのかってことを算出することができるはずです。

例えば探偵に1週間丸々連続で頼む場合は50万円ぐらいはかかってきます。連続で調査することは無いでしょうから怪しい日や曜日などを特定して調査するでしょう。そうすると週末の金曜日土曜日2日間×3週間ぐらいで50万円ぐらいの支払いになるのではないでしょうか。

向こう側の両親の援助がある場合のことも考えておかなければいけません。

離婚が絡んでいるか?

パートナーが離婚をしようと決心している場合ですが、慰謝料や財産分与、養育費の問題なんかで、気合が入っている可能性が高いです。少しでも自分に有利なようにしっかりとした調査をしなければいけないでしょうから、お金をたくさんかける可能性があります。

そうなった場合は、ちょっとした浮気調査ではなくガッツリ行くでしょうから、調査期間も長くなるでしょう。夫婦ですから、パートナーの雰囲気や様子から判断してみてください。

まぁ大富豪の場合を除けば、怪しい月曜日&木曜日を2か月間(トータル15日程度)とか浮気している証拠が取れるまで1~2か月週末のみみたいな調査になるのではないでしょうか?

どんな探偵に頼むのか?

なんにしても同じなんですが、一口に探偵といってもピンからキリまであります。便利屋さんが探偵をやっているところとか、何十年も探偵業をナリワイとしてやっている老舗の探偵さんとかです。

ネットなどで探せば、一か月30万円で調査を請け負いますとかありますが、こういったものは素人に毛が生えたぐらいのものでしょうから、上記した見破る方法を使えば恐れることは無いでしょう。

ただし、きっちりとしたプロの探偵事務所であれば、調査力はものすごいものがありますが、1か月がっちり調査依頼をする場合は、200万円とか300万円となります。どんな探偵に頼んでいるのかってことで、期間を絞り込むことができると思います。

パートナーが探偵さんと必ずやり取りしているでしょうから、どんな探偵社なのかコチラ側から調べてみてください。調べる方法は、タウンページ、パートナーの携帯電話着信履歴、スマホなどの検索履歴、などで調査をしてみてください。簡単に依頼できるようなものではありませんから、たくさん調べたとか、電話かけまくったとかいった記録が絶対に残っているはずです。

パソコン、sns、フェイスブックなどの履歴なども見れたら見ておきましょう。


上記した3点を考えて、どれぐらいの期間調査されるのかをご自分で算出してみてください。あまりにも警戒してアナタが探偵に気づいたってことが、探偵にもわかってしまった場合ですが、だいたい2~4週間開けてからの再調査になることもあります。

そういったことも頭の中に入れておいてくださいね。(浮気を直ぐに止めたらいいんじゃないかなぁ??)

 

警戒するべきは探偵だけじゃない

当然ながら浮気調査を依頼したパートナーは十分警戒しなければいけない相手だということは言わなくてもわかるはずです。パートナーもまた探偵に依頼した瞬間から、プロの後ろ盾をもらった、内部の調査がいくらでもできるエージェントになってしまっているということになります。

これってものすごく危険な存在ですよね。勿論パートナーも怖い存在になるのですが、もしかすれば同僚や、上司、ママ友、なども敵になるのかもしれません。

あなたのことをよく思っていない人はあなたについての情報をペラペラしゃべってしまうでしょうし、良く思っている人でさえ、探偵さんの話術にかかれば、簡単に浮気についての話をし始めるのかもしれません。親友でさえそうなってしまう可能性も十分考えられるのです。

聞き込みから逃れるすべは残念ながらないと言ってもいいのです。

依頼者が探偵もどきになり、同僚がスパイになってしまうことも警戒しておく必要があるでしょう。

 携帯電話・スマートフォンからの情報流出

浮気がばれてしまう原因は連絡手段を解明されることから始まることが多いようです。まずはパートナーが不振に思いそして携帯電話、スマホなどを見て怪しさが確信に変わり、認めないパートナーに対して浮気調査で解決を図ろうとします。

いくら携帯電話にロックをかけていようが、解析ソフトなども販売されており、iPhoneアンドロイドともにバックアップデータや解析ソフトによって解析されてしまうということも起こってしまっています。

そこから情報が漏れてしまって証拠が取られやすくなります。完全に浮気の証拠が取られたくなければ、もう一台の携帯電話を持つべきです。コチラの方が安全といえます。今やWi-Fiがあればタブレットだって携帯電話のように使えますし、格安スマホもたくさん出ています。

 スマホ解析ソフトの詳細

Lineでのパスコードの突破をするために書いた記事になります。この中に解析ソフトでどのようなことができるのかってことがかかれている記事ですから参考にしてみてください。

本気で浮気の証拠を取られたくないなら…

凄む探偵

アナタのパートナーからの調査を受けている場合

  • 離婚を迫られていて、浮気の証拠を取られるとまずい。
  • 修羅場になることは目に見えているので、絶対に証拠を取られたくない
  • 今度ばれたら離婚といわれている、何としても調査を回避したい

もしくはダブル不倫の場合で、浮気相手のパートナーからの調査を受けている

  • ことを大きくされたくない
  • このまま関係を終わらせたくない
  • 慰謝料騒動になりたくない(相補されるが…)

などといった、どんな手を使ってでも証拠を取られたくないって場合ならば、目には目を歯には歯をって事でもないのですが、コチラ側も探偵を雇って証拠を取られないような工作をすることがお勧めです。

探偵が調査する方法は探偵が一番わかっているから、探偵の調査をかわすことにも熟知しているのです。決定的な証拠を取られなければ、認めないということで今までの関係は続けられるのですから…。

浮気調査をする場合はやはりお金との兼ね合いで期間を決めることがほとんどですから、長期戦になればかなりの負担額になってしまいます。どこまで調査されるのか相手の出方を見て、判断した方が良いでしょう。

探偵さんの調査をかわすには相当な覚悟が必要であると認識ておいてください。

 

探偵に調査妨害してもらうことはよくある??

覚えておいででしょうか?芸能人の「上原さくら」さんとと“フェラーリ王子”こと建設関連会社社長・青山光司氏の離婚騒動。この建設会社社長さんは最近では、観月ありささんとうわさになっていることでも知られています。

これはあくまでうわさでしかありませんが、この離婚騒動の裏には探偵さんと探偵さんの熾烈な争いがあったと言われています。守る側の上原さくらさんの雇った探偵さんと、暴く側の青山さんの探偵さんが争い、結果として上原さくらさんの不倫現場写真を取られてしまい。慰謝料請求5億円がパーになってしまったという事件でした。

なぜ会うことが我慢できなかったのか?って私は思うのですが、これは本人にしかわからない事でしょう。もしかしたら防御役の探偵さんに依頼していたことで油断してしまったのかもしれませんね。

これだけ大きなニュースになっても探偵さんは表に出てこない。たぶん会社社長の青山さんは5億円支払わなくて済んだようなので、不倫調査を成功させた探偵社さんには破格の報酬が発生したのかもしれませんね。これは推測ですからあしからず。

 

 どんな探偵社がお勧め?

探偵社といってもピンからキリまでという話は上記しました。絶対に不倫の証拠が取られたくない場合は、ある程度値が張りますが、大手の探偵社さんの依頼する方が良いでしょう。

大手の利点としては

  1. 人材が豊富(数の論理)
  2. 経験
  3. 情報

というものがあります。それぞれ説明していきます。

人材が豊富

これは単純に優秀であるとかそういったことではなくて、人数がかけられるメリットという意味です。90%以上を占める小規模の探偵さんは3人~10人規模の探偵社です。調査を請け負っている案件は、1つではないでしょうから人数が分散されます。

やはりなんでもそうなんですが、数が多ければ有利になります。人数をかけられるって点では大手に分があると言っていいでしょう。

経験

どんなに能力が低い人でも、経験や場数を踏むことによって能力が磨かれていきます。浮気調査の場数をたくさん踏んでいる大手の探偵社は相手の動きが手に取るようにわかるはずです。

経験はお金では買えない大事な資産。それを持っている大手は不倫調査の妨害工作に長けているのではないでしょうか?

情報

情報といってもノウハウ的な情報です。大手の探偵社はそれまで蓄積されたノウハウ(情報)を持っています。20年30年と実績がある探偵社はその分だけ洗練されたノウハウを持っているということになりますよね。

これがあるなしではかなり変わってくるでしょう。

 

『旦那の浮気調査研究所』がお勧めする探偵社

このサイトでは基本的に旦那さんの浮気の対策をメインで書いているサイトになります。ココで紹介している探偵社は3つ。

その中でも、経験と実績ノウハウを備えた探偵社は『原一探偵社』でしょう。この探偵社は40年の運営実績があり、全国に”完全”自社の支店を持っている会社ですべての調査員&車両や機材なども自社管理しています。

浮気調査の妨害工作においては一番おすすめの会社になります。そこまで考えているのでしたら、依頼されてもいいのではないでしょうか?

 

調査力で選ぶなら原一探偵社がお勧め|旦那の浮気調査 研究所

原一探偵社のおすすめポイントや、支店の場所などを紹介しているページになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?探偵に浮気調査されているのかどうなのかを見破る方法を紹介してきました。探偵がどのような調査をするのかの一端を知っていれば調査を逃れることに役立つと思います。

車での尾行、徒歩での尾行、探偵のまき方、こういったものは参考にできます。何度か読み返してみて自分のスキルにしてみてください。ただし、私としては早く浮気を止めることを期待しています。

究極的に絶対に証拠を取らせたくないなら、探偵社に防御を頼んでみてもいいのかもしれません。そこはご自分で判断なさってくださいね。大前提としてパートナーを悲しませるような浮気は絶対にやめてください。

 

 


 

旦那の浮気調査研究所 トップに戻る

◆旦那の浮気調査研究所オススメ探偵

東京探偵社ALG

探偵社ts

Hal探偵社口コミ

◆オススメ!調査会社探しのお手伝いサービス

探偵さがしのタントくん 口コミ紹介

街角探偵相談所 口コミ


 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)